車のローン、5年で月々7万円は高すぎる?

車を購入、または買い替えするときにローンを組む人は多いですよね。

  • 3年で、月々2万円
  • 3年で、月々4万円
  • 5年で、月々3万円
  • 5年で、月々7万円

など、人によってローンの年数や月々の支払額など、組み方は様々ありますが、どの程度までなら余裕をもって支払っていけるのでしょうか。

ローン期間は、まず5年で考えてみる

一般的なローン期間の平均は、3年~5年です。

ローンの期間が短いほど、支払金利は低くなりますが、月々の支払額は多くなってしまいます。

金利の支払がもったいないからと、無理をして返済期間を短くすると、毎月の支払いが大変になったりすることもあるので、まずは5年ローンでシミュレーションをしてみると良いでしょう。

5年で計算して、月々の支払額はどうなるか

ローン期間5年で組む場合の月々の支払額は、2万円~5万円が一般的です。

もちろん、支払額は購入する車の車種や、追加オプションなどで変わりますし、それぞれの月収にもよっていくらまでならいいかという範囲は変わってきます。

しかし、5年ローンで月々7万円というのは大きすぎる金額と言えます。

車にはご存じの通り、ローン以外にもガソリン代や駐車場、自動車保険料など、様々な費用がかかります。

さらには、子供がいる家庭、これから作る予定の方など、ライフプランによって支出が増える可能性も十分にありますので、それを見越して余裕のある支払額にすることが重要です。

月々の支払額を低くするには?

方法としては、主に

  • ローン年数を長くする
  • 車体金額の安い車種に変更する
  • 中古で探してみる
  • 頭金を入れる

などがあります。

「こんなの誰でも思いつくようなことでは?」と思う方もいらっしゃるとおもいますが、実際にディーラーに行って新車を見たり、営業マンのセールストークに乗せられてしまい、その場の勢いで購入してしまったという人も少なくありません。

実際に新車を目にするとわくわくしてしまうものですし、営業マンもそれを分かっていて商談を進めてきます。

そのため、このようにならないためにも、あらかじめ月々いくらまでなら支払えるかを考えておき、それを超えてしまった場合、どうするかも考えておくことをおすすめします。

支払額を低くする方法で一番簡単なのは・・・?

上記で挙げた方法の中で一番簡単なのは、頭金を入れることです。

ご存じの通り、頭金を増やせばそれだけローンを組む金額が減りますので、月々の返済額も支払利息も減りますので長い目で見ても損がありません。

しかし、支払利息を減らしたいために貯金をすべて頭金に使ってしまうというのも考え物です。

なぜなら、車を買った後に病気やケガをしたり、給料が下がったりといった不幸な出来事がないとは限りません。

そのような有事の際に貯金はある程度残しておくほうが安心です。

そのため、頭金を入れる場合も今後の予定や、備えのことを考えて金額を決めることをおすすめします。

頭金を増やす方法

車の買い替えをする場合は、今乗っている車を売って頭金にすることが多いですが、やり方を間違えると、大きな損をしてしまいますので、注意してください。

車を高く売る方法

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

新車の頭金に充てるなら、1万円でも高く売れた方がいいですよね?

買取業者に車を売るなら、一括査定サイトを利用して、1つの業者だけでなく、複数の業者に査定依頼を出すのがおすすめです。

業者によって、車種・年式・走行距離での判断基準に違いがありますから、ほとんどの場合、車の査定額に大きな差が出ます。

また、複数の買取業者に査定依頼すれば、各業者で価格を競い合うため、売却金額も上がりやすくなります。

ズバット車買取なら、大手を含む300社以上の車買取業者から、厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。

車の情報を送信したあとは、画面に車の概算買取価格が表示されるので、とりあえず概算価格を知りたいという方にもおすすめできるサイトです。

ズバット車買取での見積依頼はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする