車のローン、頭金はいくら必要?目安は?

車のローンを組む時、頭金はいくらくらいあればいいのでしょうか?

人によって、購入する車の金額や収入、貯蓄額は違いますので一概にいくらあればいいとはいえないですよね。

ただ、目安はありますので、以下で解説していきます。

頭金の目安

一般的に3年ローンで無理なく支払える金額になるように、頭金を用意するのが良いと言われています。

ほとんどの人は、3年でローンを組む人が多く、5年だと月々の支払額は減りますが、金利分が多くなってしまい、総支払額が増えてしまうので損だからです。

では、頭金がいくら必要なのかを確認する方法を見ていきましょう。

1.月々いくらまでなら支払えるか計算する

月々必要なお金は、車のローンだけではありませんよね。

ローン以外にも、ガソリン代や保険料、駐車場代、車検費用の積み立てなど、予め計算しておく必要があります。

車にかかる費用以外にも、家賃や食費、通信費など車以外の費用もありますのですべて含めたうえで、月々いくらまでなら支払えるか決めておきましょう。

2.ディーラーで見積もりを取る

まずは3年ローンで見積もりを取り、月々の支払額がいくらになるか確認しましょう。

支払額が高額になるようなら、営業マンと相談して頭金をいくら増やせば月々の支払額が、無理のない金額まで抑えられるか計算してもらいます。

計算してもらった結果で対応は変わってきます。

3-1.月々の支払額が予定額をオーバーしている場合

いくら頭金を増やせば予定額に収まるか計算してもらいましょう。

かなり頭金を増やしても支払いが難しいなら

  • オプションを減らす
  • 車体金額がより低い車種への変更をする
  • 中古車で探す

という方法も検討することをおすすめします。

3-2.月々の支払額は予定額に収まった場合

問題なく支払える金額になったなら、今度は3年から2年に期間を短くして計算してもよいでしょう。

支払期間が短ければ短いほど、金利分の支払額が減るため、無駄に金利を支払うことがなくなります。

頭金を増やす方法

頭金を増やさないと厳しいという結論になった場合、みなさんはどのようにして資金を用意しますか?

頭金を増やす方法としては主に

  • 買い替えを延ばしてさらに貯金する
  • 今乗っている車をできるだけ高く売る

があります。

特に今乗っている車を高く売るのは、非常に重要です。

ディーラーの下取りでは、安く買いたたかれるか無料引き取りにされてしまうことがほとんどなので、絶対に専門の買取業者に売るようにしましょう。

まとめ

  • 頭金の目安は人によって違う
  • まずは月々いくらまでならローンを組めるか計算する
  • ディーラーで3年ローンで月々いくらの支払になるか計算する
  • 予定額をオーバーするなら、いくら頭金を増やせばいいかチェック
  • 予定額に収まるなら、ローン期間を短くできないかも確認チェック

なにはともあれ、まずは月々の支払可能額を計算してみることが重要です。

無理のないように計算をしたうえで、ディーラーの営業マンとしっかり相談をして決めましょう。

 今乗っている車を高く売る方法 

月々の支払額を抑えるため、頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売る必要があります。

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

買取業者に車を売るなら、一括査定サイトを利用して、1つの業者だけでなく、複数の業者に査定依頼を出すのがおすすめです。

業者によって、車種・年式・走行距離での判断基準に違いがありますから、ほとんどの場合、車の査定額に大きな差が出ます。

また、複数の買取業者に査定依頼すれば、各業者で価格を競い合うため、売却金額も上がりやすくなります。

ズバット車買取なら、大手を含む100社以上の車買取業者から、厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。

車の情報を送信したあとは、画面に車の概算買取価格が表示されるので、とりあえず概算価格を知りたいという方にもおすすめできるサイトです。

ズバット車買取での見積依頼はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする