車のローン、月5万は高すぎる?

中古車探すなら、なびくるの中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのなびくる+で今すぐ車を探す

車の購入の際、ローンを組む人は多いと思います。

その際の月々の支払いはいくらが理想なのでしょうか?

月々5万円は高すぎる?

買い替える車の金額と、ローンの年数によって月々の支払額は変わります。

私の調べた限りでは、月5万円の支払いは高い部類に入ります。

ローンで車を購入している人たちの平均支払額は、

20,000~40,000円

です。

ただし、収入が多く、月5万円でも問題なく支払えるという方もいますので、最終的には、自身の収入とその他の支出を含めて考える必要があります。

車の費用はローンだけではない

ローンの支払いが月5万円だとして、ほかの費用も含めて月々ちゃんと支払っていけるかの計算も必要です。

ローン以外に月々必要な費用は

  • 駐車場代
  • ガソリン代
  • 自動車保険料
  • メンテナンス費用
  • 車検費用
  • 家賃(賃貸の場合)
  • 光熱費・通信費
  • 生命保険・学資保険

など様々あります。

車を高く売るなら、”ズバット車買取比較”で手間も時間もかけず複数の買取専門業者に見積もりが取れます。ディーラーの下取りに比べて10万円~40万円以上も買取額が上がったという例も! >>ズバット車買取比較で今すぐ見積り!

計算をしたうえで、問題なく支払えそうなら購入してもいいと思います。

逆に、どうしても厳しいようならば、もっと安めの車種に変えたり、中古車で探して月々の支払い額を抑える工夫も必要です。

しかし、どうしても別の車に変えたくないという場合には、支払額を抑える別の方法もあります。

月々の支払額を抑える方法

主に2種類ありますので、それぞれ解説します。

支払年数を延ばす

支払期間は信販会社にもよりますが、1年~5年が一般的です。

中古車探すなら、なびくるの中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのなびくる+で今すぐ車を探す

支払期間が短いほど月々の支払額は多くなりますし、長いほど月々の支払額は少なくなります。

ただし、その分合計の支払額が金利の分だけ増えてしまうので、その点は注意が必要です。

ディーラーにて支払期間別に計算をしてもらうこともできますので、一度相談してみましょう。

頭金を増やす

頭金を増やせば、月の支払額も抑えられます。

さらに、ローンの総額が減ることで金利の支払分も少なくなるため、上記の支払年数を延ばす方法よりも経済的です。

頭金を増やす方法としては、

  • 買い替えを延ばして貯金する
  • 今乗っている車をできるだけ高く売る

があります。

特に今乗っている車を高く売るのは、非常に重要です。

ディーラーの下取りでは、安く買いたたかれるか無料引き取りにされてしまうことがほとんどなので、絶対に専門の買取業者に売るようにしましょう。

まとめ

  • 月5万円のローン支払いは高め。平均は2万円~4万円
  • 支払えるかどうかは、ローンだけでなく家賃や保険などの費用も含めて考える
  • 月々の支払額を抑えるには、支払年数を延ばすか、頭金を増やす

ローンは借金と同じですから、しっかり計算をして無理なく返済していけるようにしましょう。

 今乗っている車を高く売る方法 

月々の支払額を抑えるため、頭金を増やすなら、今乗っている車を高く売る必要があります。

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあります。

買取業者に車を売るなら、一括査定サイトを利用して、1つの業者だけでなく、複数の業者に査定依頼を出すのがおすすめです。

業者によって、車種・年式・走行距離での判断基準に違いがありますから、ほとんどの場合、車の査定額に大きな差が出ます。

また、複数の買取業者に査定依頼すれば、各業者で価格を競い合うため、売却金額も上がりやすくなります。

ズバット車買取なら、大手を含む100社以上の車買取業者から、厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。

車の情報を送信したあとは、画面に車の概算買取価格が表示されるので、とりあえず概算価格を知りたいという方にもおすすめできるサイトです。

ズバット車買取での見積依頼はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする