車のローンを多めに借りることはできるの?

中古車探すなら、なびくるの中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのなびくる+で今すぐ車を探す

車を購入するときに、ローンを組む人は少なくありません。

基本的には、ディーラーや銀行のオートローンで組むことが多く、自動車を購入する店舗から見積書(請求書)を出してもらい、審査が通ると、信販会社からその金額分が店舗に振り込まれます。

ローンを多めに組んで、余分な資金を作り、他の用途に使いたいという考えの人は意外と多く、

  • 車購入と同時に引越しをするため、その費用に充てる
  • 消費者金融や銀行からの借り入れを返済して、ローンを1本にまとめたい
  • 車の改造(カスタム)費に充てたい

など、様々な理由があります。

では、実際に多めに自動車ローンを組むということはできるのでしょうか?

自動車ローンを多めに組むことはできる?

結論から先にお話すると、基本的にはできません。

ローンを組んだ場合、車購入の資金は信販会社や銀行から直接、購入した店舗に振り込まれます。

自分の手元に資金が振り込まれることはないので、余分な資金を除いた金額を店舗に支払うということができないんですね。

店舗によっては可能な場合もある?

購入する店舗にお願いすれば、協力してくれる場合もあるようです。

流れとしては

車を高く売るなら、”ズバット車買取比較”で手間も時間もかけず複数の買取専門業者に見積もりが取れます。ディーラーの下取りに比べて10万円~40万円以上も買取額が上がったという例も! >>ズバット車買取比較で今すぐ見積り!
  1. 多めにローンを組みたい旨を相談する
  2. OKなら、見積書に上乗せしたい金額をプラスしてもらう
  3. 審査を受ける
  4. 審査に通ったら、店舗に資金が振り込まれる
  5. 余分な資金を店舗から受け取る

となります。

ただし、店舗からすると協力するメリットはないので、ほとんどの場合、断わられると考えたほうがいいです。

中には、余分な資金からいくらか店舗に支払うように要求されたり、車検やメンテナンス、部品の購入などは今後その店舗ですることを条件に出されたりすることもあるようです。

ローンの目的外利用に当たるということは覚えておく

信販会社や銀行のオートローンは、ほとんどの場合、車の購入資金にのみ利用可能と規約にあります。

中古車探すなら、なびくるの中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのなびくる+で今すぐ車を探す

そのため、ローンを多めに組んで他の目的のために使いたいというのは、目的外利用となり規約違反となります。

もしバレてしまった時は、信用問題にも関わりますし、余分な資金の返金を求められることもありますので、注意が必要です。

購入資金以外にも使用できるローンもある

ディーラーの用意しているローンではなく、銀行のオートローンなら一部、自動車の購入資金以外の用途に使えるものもあります。

ただし、車のカスタム費や、今まで乗っていた車の残債分を借りるといったように、車に関する費用が主です。

そのため

  • 車購入と同時に引越しをするため、その費用に充てる
  • 消費者金融や銀行からの借り入れを返済して、ローンを1本にまとめたい

というような用途には利用できませんので、注意しましょう。

余分な資金を作る他の方法は?

ローンを多めに組む以外で、余分な現金を作るには、今乗っている車を高く売るという方法もあります。

それには、ディーラーでの下取りではなく、買取業者への売却をする必要があります。

なぜなら、ディーラーの下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では買取金額に約10~40万円もの差が出るからです。

しかし、自分の足で店舗を回って一番高く売れる業者を探すのは時間労力もかかりすぎます。

そのため、一括査定サイトを利用して、1つの業者だけでなく、複数の業者に査定依頼を出すのがおすすめです。

複数の買取業者に査定依頼すれば、各業者で価格を競い合うため、売却金額も上がりやすくなります。

見積もりは無料なので、まずは気軽に査定申し込みしてみましょう。

↓ズバット車買取での見積依頼はこちらから

安くて良い車を買う方法!

車を高く売ったり、銀行のオートローンでローンをまとめることも大事ですが、良い車を安く購入することで、出費を減らすという考え方も重要です。

欲しい車種や予算が決まったら、ふつうは中古車ディーラーに行きますが、自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですよね。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

↓中古車検索のなびくる(画像クリックでサイトに飛びます)

まとめ

  • 多めにローンを組むことは、基本的にはできない
  • 店舗にもメリットがないので、ほとんど断られると考えてよい
  • 出来たとしても、目的外利用になってしまうことが多い
  • ローン以外で余分な資金を作るなら、今の車を高く売ること!
  • 良い車を安く買うことも大事!

消費者金融や銀行から借り入れが多い場合には、銀行の「おまとめローン」で借金を1社にまとめる方法もあります。

自動車ローンだけにこだわらず、一番損をしない方法をしっかりと考えてローンを利用することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする