【軽自動車 編】転勤になった!車を廃車処分する方法

急な転勤が決まって、軽自動車を処分しないといけない。

だいぶ年数も経ってるし、走行距離も多いので、廃車にしようと思っている。

でも、

「どういう手続きをしたらいいかわからない。」
「書類は何が必要なの?」

と悩んでいる人は、この記事を読んで頂ければ、手続きの流れから
必要書類まですべて分かります。

普通自動車を廃車にする場合は、こちらへ → 転勤になった!車を廃車処分する方法

廃車手続きについて

軽自動車をスクラップにするだけでは、廃車したことになりません。

軽自動車検査協会にて、自動車検査証返納届けをして、初めて廃車にしたと言えるのです。

この自動車検査証返納届けを行うことで、車を処分した証明になり、今後、その車の自動車税を
払う必要がなくなります。

ここからは、その自動車検査証返納届けの手続きについて解説します。

自分で永久抹消登録の手続きを行う時間が取れない人は、代行してくれる業者
行政書士がいますので、近所にないか確認するとよいでしょう。

・費用

解体費用 0円~30,000円
車の引き取り料 0円~20,000円 距離による
リサイクル料金 ※
7,000円~20,000円
自動車検査証返納届け代行費用 10,000円~

代行費用は、自分で自動車検査証返納届けをする場合は不要です。

※リサイクル料金は通常、購入時に支払っていますが
なんらかの理由で支払っていなかった場合にのみ支払います。

・必要書類

車検証(自動車検査証)
認印
ナンバープレート 前後面の2枚
解体証明書 移動報告番号、解体報告日が記載されています。

軽自動車検査協会でもらえる書類

軽自動車検査返納届
軽自動車税申告書

次は、自動車検査証返納届けを自分で行う場合の流れを、以下で説明します。

自動車検査証返納届けを出す方法

1. ナンバーをはずす

解体業者に車を引き渡す前に、自分でナンバーを外すか
業者に外してもらいましょう。

前後2枚、忘れずに外しましょう。

2. 車を解体してもらう

解体業者に依頼して、車を解体してもらう。。
解体が終わったら、解体証明書を必ず受け取りましょう。

3. 書類を揃えて軽自動車検査協会へ行く

軽自動車検査協会に行って、以下の書類をもらって記入する。

・軽自動車検査返納届

記入方法は、協会内に見本があるのでそれを見ながら行う。

4. ナンバーと書類を提出

返納窓口にナンバーと、揃えた書類を窓口に提出します。

5. 軽自動車税の抹消申告手続き

自動車税事務所に行き、軽自動車税申告書で抹消登録の申請を行います。

これで、もう納税のお知らせが届くことはありません。

以上で手続きは完了です。

廃車にするより売却した方がお得?

最近では、古い車や故障した車、果ては事故車までも
買い取ってくれる業者が増えました。

そのため、わざわざ何万も費用を払って車を廃車にするより
売却すれば費用もかからず、いくらかのお金を手に入れることができます。

なぜ古い車や壊れた車を買い取るの?

古い車や壊れた車は、修理して中古車市場に流しても、日本では売れませんが
海外で高く売れるんです。

車検があったり定期的に整備をする日本の車は人気があり、
たとえ10年落ちだろうと、海外の人は喜んで買うのです。

また、もう直せないような車でも、パーツを取って海外に整備交換用として
販売することで利益を得ています。

と、以上のような理由があるため、ほとんどの場合、0円以上の価格で
買い取ってもらえるはずです。

なので、まずは自分の車を買取業者に査定してもらいましょう。

車を高く売る方法

買取業者に査定してもらうなら、一括査定サイトを利用して、
1つの業者だけでなく、複数の業者に査定依頼を出すようにしましょう。

業者によって、車種毎に得意不得意がありますから
車の査定額にかなりの差が出ることがほとんどです。

また、複数の買取業者に査定依頼すれば、各業者で価格を競い合うため
売却金額も上がりやすくなります。

一括査定サイトは、数分の入力で複数の業者へ査定依頼が
まとめてできるため、手間もかからないことから人気があります。

ズバット車買取なら、大手を含む100社以上の車買取業者から、
厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い
買取業者が選べます。

ズバット車買取での見積依頼はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする