ローンが残った車を廃車、買取に出す方法

ローンが残った車を処分するには

事情があって、ローンが残った車を廃車や買取に出さなければいけない場合
そのまま処分してしまっていいのでしょうか。

ローンが残っている車は、組んだ時の状況により売却手順や方法が変わりますので
自分の状況に合わせた方法を確認し、適切に処分しましょう。

どこでローンを組んだかで車の所有者が違う

ローンといえば、主に

  • ディーラーで組むローン
  • 銀行で組むローン

があります。

ディーラーで組むローン

ディーラーでローンを組むと、車の所有者が信販会社になります。

車検証の所有者欄を見るとわかります。

通常、車を現金で一括払いして購入した場合、所有者は自分になるため
廃車にするのも売るのも自由です。

しかし、ローンを組んでいる場合は、その残債を全て返済するまでは
信販会社が車の所有者になるため、勝手に車を処分することはできません。

いわゆる、ローンの残債を全額返済されるまで車を担保にしているということです。

そのため、ディーラーローンの場合は、後述する方法で処分する必要があります。

銀行で組むローン(オートローン)

銀行のローンの場合は所有者は本人になることがほとんどなので、
現金一括払いと同じように、自由で処分できます。

ただし、車を処分しても当然、残債が消えることはないため
引き続き完済するまでローンは支払い続ける必要があります。

ディーラーローンで購入した場合 3つの処分方法

1. 残債を現金で返済する
2. 新車のローンに残債を上乗せする
3. 買取業者のローンサービスを利用する

1. 残債を現金で返済する

残りのローンを一括で支払ってしまえば、所有者が信販会社から本人に変更されるので
自由で車を処分できます。

残債があと少ししかない場合に有効な方法です。

また、売却ではなく廃車にする場合はこの方法しかありません。

そのため、残債が多くあり一括返済が難しい場合は、廃車ではなく買取業者に売却して
下記の3の方法を利用しましょう。

2. 新車のローンに残債を上乗せする

まずは、車を売却したお金を残債の返済に充て、不足していた場合
その分を新車のローンに上乗せします。

この方法だと、新車の購入価格に残債分が乗るため金利として支払う額が
増えますから、月々の支払や金利の支払額が多くなるデメリットもあります。

3. 買取業者のローンサービスを利用する

2と同じで、まず車を売却したお金を残債の返済に充て、車の売却金額が足りなかった場合
買取業者が用意したローン利用して不足分を返済します。

その後は、買取業者で組んだローンを返済していくことになります。

車を売った後、しばらく車を購入しない予定の人にはこの方法がおすすめです。

どこの業者でも行っているわけではないので、利用したい場合には
あらかじめ残債があることを伝えておくとスムーズに手続きができるでしょう。

まとめ

  • 車検証の所有者欄を見て、名義が誰になっているか確認する
  • 信販会社なら3つの処分方法のうちどれかを利用して車を処分する

車を高く売らなければいけない!

3つの方法を解説しましたが、どの方法でも今乗っている車を高く売れれば
それだけ、有利になります。

今乗っている車を高く売るなら、買取業者に売却しましょう。

その際は、一括査定サイトを利用して、1つの業者だけでなく、複数の業者に
査定依頼を出すようすることをおすすめします。

業者によって、車種毎に得意不得意がありますから
車の査定額にかなりの差が出ることがほとんどです。

また、複数の買取業者に査定依頼すれば、各業者で価格を競い合うため
売却金額も上がりやすくなります。

一括査定サイトは、数分の入力で複数の業者へ査定依頼が
まとめてできるため、手間もかからないことから人気があります。

ズバット車買取なら、大手を含む100社以上の車買取業者から、
厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い
買取業者が選べます。

ズバット車買取での見積依頼はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする