マイカーの相続から廃車にするまでの手順

親族が亡くなって車を相続することになったが、使用する予定がないので
売却してしまいたいという人もいると思います。

そのまま売ることはできないので、まずは名義変更をして
車の所有者を自分にしてから売却する必要があります。

以下では、相続する際の必要書類や手続き方法を解説します。

名義変更の手続き

名義変更の手続きは、手間と時間がかかってしまうので、仕事が忙しいなどの理由がある人は、
行政書士などに依頼するのもおすすめです。

費用

・移転登録手数料500円
ナンバープレート代(変更がある場合):1,500円程度
・自動車取得税(新車当時の価格や経過年数によって税額が異なる)
名義変更代行料(代行を依頼した場合のみ)

必要書類

■相続人が一人しかいない場合

戸籍謄本(相続人を確認するため)
除籍謄本(亡くなった方の住所を確認するため)
相続人の印鑑証明
車検証
車庫証明書(亡くなった方と住所が同じであれば必要なし)

■相続人が複数いるうちの一人が相続する場合

戸籍謄本(相続人を確認するため)
除籍謄本(亡くなった方の住所を確認するため)
相続人全員の印鑑証明
遺産分割協議書
車検証
車庫証明書(亡くなった方と住所が同じであれば必要なし)

相続に関する名義変更の必要書類は、個人の状況で変わってくる可能性が
あるので、事前に運輸支局に必要書類を確認しましょう。

>>各運輸支局の連絡先一覧はこちらから

■共通の書類

手数料納付書
自動車税・自動車取得税申告書
申請書

これらの書類は、運輸支局でもらえます。

運輸支局での手続き

1. 運輸支局で用紙の入手・作成

運輸支局の窓口で、下記の書類を受け取ります。

・手数料納付書
・自動車税・自動車取得税申告書
・申請書

記入方法は、見本がありますのでそちらを見ながら行いましょう。

2. 登録手数料の支払い(印紙の購入)

移転登録手数料分の印紙を購入して、手数料納付書に貼り付けます。

3. ナンバーの返却(ナンバーの変更を伴う場合)

書類一式が完成したら、ナンバー返納窓口にナンバープレートを返納します。

ナンバーを外す為のドライバーは、返納窓口に用意されています。

4. 書類の提出

窓口に書類を提出して、新しい車検証が交付されるまで待ちます。

5. 車検証の交付

新しい車検証が交付されますので、内容に間違いがないか確認しましょう。

6. 税金の申告

自動車税事務所の税申告窓口に、自動車税・自動車取得税申告書と
車検証を提出します。

自動車取得税を支払う必要がある場合は、ここで支払います。

7. 新しいナンバーの交付(ナンバーの変更を伴う場合)

ナンバー交付窓口で、ナンバー代を支払って新しいナンバーを受け取ります。

ナンバーと一緒に取り付けるビスなどの部品を受け取り、自動車にナンバーを
付けます。

8. ナンバーの封印

最後に取り付けたナンバーに封印を行ってもらいます。

車検証と自動車が同一のものか確認され、リアナンバーに封印がされます。

以上で、名義変更は終了です。

車を高く売るには

名義変更が終わった車を売るなら、ディーラーへの下取りではなく、買取専門業者に売却しましょう。

ディーラーと買取専門業者では、販売ルートの数が全く違うため、買取業者の方が10万~40万以上高く売れることがほとんどです。

買取業者に売却するなら、一括査定サイトを利用して、1つの業者だけでなく、複数の業者に査定依頼を出すようにしましょう。

業者によって、車種毎に得意不得意がありますから、車の査定額にかなりの差が出ることがほとんどです。

また、複数の買取業者に査定依頼すれば、各業者で価格を競い合うため、売却金額も上がりやすくなります。

ズバット車買取なら、大手を含む100社以上の車買取業者から、厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。

ズバット車買取での見積依頼はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする