私が車の売却時に相見積をして30万円も得した話

車の売却をしようと思ったとき、みなさんはまず色々なサイトで車を売る方法を探すと思います。

私もどうやって売ろうか、また高く売れる方法を探して色々なサイトを見てみました。

すると、大体書いてあることはどこも同じで

  • ディーラーの下取りではなく、買取業者に売る
  • 複数の買取業者から見積を取る(相見積)
  • 見積を取る時は、一括査定サイトから申し込むと良い

ということが書いてあります。

多くの人がこう書いているわけですし、yahoo知恵袋などのQ&Aサイトでも、一括査定サイトから複数業者へ見積もりを取ることを勧める人が多いので、この方法で売ることにしました。

結論!やはり複数業者から相見積を取るのは正解だった!

この記事をご覧になっている方が知りたいのは、相見積を取って結果どうだったかだと思いますので、先に結果を書きます。

売却した車の情報と、下取り価格

車種 ホンダ フィット
年式 平成25年
グレード 13GL
走行距離  20,000km
下取り価格 75万円

各買取業者の提示価格

A社 B社 C社 D社 E社
105万円 90万円 100万円 80万円 75万円

利用した一括見積サイト ズバット車買取比較

上記、一括見積サイトを通じて、5社に査定依頼をして相見積しました。

結果、A社が105万円と一番高く、下取りと比べると30万円も高く売ることができました。

また、買取業者の中でも30万円の価格差が出たことから、高く売るにはやはり複数業者から相見積を取るのがベストと言えるでしょう。

下取りよりも買取業者が高く買い取れるワケ

なぜ買取の方が高く買い取ってくれるかを、複数の営業マンに聞いてみました。

  • 買い取った車の販売ルートが豊富
  • オプションや社外品も含めて査定している
  • 業者専用のカーオークションを利用して、最新の相場を参考にしている

主にこれらの理由で、下取りより高く買い取れるのだそうです。

販売ルートが豊富というのが最大の利点で、下取りでは値段がつかないような故障した車や事故車であっても、修理して海外へ販売したり、パーツを取って修理交換用部品として売ることができるので、値段をつけて買い取れるという話をしていました。

私の車は、故障も事故歴もなかったので高く売れましたが、もし故障車や事故車だった場合でも、上記の理由で買取業者なら値段がつく可能性が高いので、1度、相見積を取ってみてはいかがでしょうか。

査定申込から売却完了までの流れ

ここでは、一括査定してみようかなと思った方に向けて、実際に私が申し込んで売却完了するまでの流れを書いていきます。

1. スケジュールを確認しておく

当然ですが、一括査定サイトから申し込むだけでは、車の正確な査定価格はわかりませんので、申し込んだ後は、実際に車そのものを見て査定してもらわなければなりません。

そのため、各業者から査定日時を決めるための電話がかかってきますので、あらかじめ査定に立ち会える日時を決めておきます。

2. 一括査定サイトに車の情報を入力する

ズバット車買取比較のサイトへ移動。

車検証を持ってきて、見ながら入力します。

申込み方法を画像付きで解説している記事もありますので、よろしければこちらもご覧ください。

>>ズバット車買取比較での申込み方法

3. 査定を受ける業者を選択します。

地域によって、3社~8社ほど表示されますので査定を受けたい業者を選択して、次の画面へ進みます。

たくさんの業者から電話がかかってくるのが面倒だという人は、ここで業者の数を抑えることもできます。

私は、5社表示されていたので、全てに依頼しました。

ただし、最低でも3社からは査定を受けるようにしないと、業者同士の競争が起きづらく、査定価格の比較もしにくくなってしまいますので注意が必要です。

4. 申込み完了

査定を受ける業者を決めたら、申込みボタンを押します。

画面が切り替わり、依頼者番号と自分の車の買取相場が表示されるので、メモを取っておきましょう。

※この時表示される買取相場は、あくまでも概算価格なので、車の状態や買取業者の査定基準によっては、これよりも高くなることも低くなることもありますので、参考程度に見るようにしてください。

5. 電話で各買取業者と査定日時の打ち合わせ

すぐに携帯に各業者から電話がかかってくるので、あらかじめ決めておいた査定日時に予約を入れます。

ここで、私はすべての買取業者の査定日時を同じにする”合同査定”をすることにしました。

こうすることで、1回の立会いで全ての業者の査定が終わりますし、各営業マンは他の営業マンより高い査定価格を提示しなければならないので、交渉をせずとも最初から高い査定価格を引き出すことができるのです。

6. 査定の立会い

査定日に業者の査定に立ち会います。

各営業マンの査定が終わったら、それぞれの名刺に査定金額を書いてもらって、一番高い金額をつけた業者に電話すると伝えました。

そして、名刺を回収して営業マンが帰ったら、金額を確認して一番高かった業者に電話して売却することを伝え、車の引き取り日を決めます。

7. 車の引き取り・入金

車の引き取りに立会い、念のため、車に荷物が残ってないか確認してから、契約書にサインして車のカギを渡しました。

入金は指定した口座に4日後にされました。

業者によって、1日~1週間と入金までの期間は違うようですので、気になる場合は入金はいつ頃されるか聞いておくといいでしょう。

以上が、私が経験した申し込みから売却完了までの流れです。

トラブルもなく、完了できたと思います。

特に忙しかったのは、申込み後の業者からの電話くらいです。

業者との電話対応が面倒?

ネットの評判を見ると、業者からの電話対応が面倒という声が散見されます。

私の場合も、申し込んで5分かからずに電話がかかってきたことを覚えていますが、査定日時さえあらかじめ決めておけば話自体はすぐ済んだので、びっくりはしましたが面倒とは思いませんでした。

面倒だと言う人のほとんどは、いつ売るか決めていない人、とりあえず概算でいいから価格を電話だけで知りたいとか、査定なしで相場が知りたいという人が多かったです。

買取業者も無料で査定をするのが仕事ではなく、車を買い取るのが仕事なので、電話だけで価格を伝えたり、査定なしで相場という大事な情報を伝えることはしません。

そのため、車を売る時は、いつ売るかを明確にして査定日時を決めたうえで、一括査定に申し込むようにしましょう。

相見積をしようと決めたら

私が利用した、ズバット車買取比較がおすすめです。

ズバット車買取比較なら、大手を含む100社以上の車買取業者から、厳選8社に一括で査定依頼ができるので、手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。

前述したように、査定依頼できる業者を選択できるので、電話がたくさんかかってくるのに抵抗がある人も3社程度に減らして申し込むことができるので安心です。

ズバット車買取での見積依頼はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする