エンジンオイルは交換してから売却する?

エンジンオイルってどういうもの?

エンジンに利用される潤滑油で、これがないとエンジンが機能しません。

また、エンジンオイルはエンジン内部に発生する汚れを吸着して
掃除をする役目も負っているので、一定期間毎に交換が必要です。

目安は3ヶ月~5ヶ月に1回、あまり車に乗らない人でも1年に1回は
交換することを推奨されています。

売却前に交換は必要?

ちょうどオイル交換の時期に車を売却することになった場合、
オイル交換をしてから売却しないと査定額が下がるかも?と思っている人も
いるかもしれませんが、交換は不要です。

査定をする営業マンは、エンジンのチェックの際にオイルも見ますが
ここで汚れていたからといって、査定額を下げることはありません。

大事なのは、車を購入してからこれまで定期的にオイル交換をしてきたか
ということです。

ほとんどの人は、定期メンテナンスや車検の時にオイル交換をしていると
思いますので、特に気にすることはないでしょう。

これまでオイル交換も含めてどういうメンテナンスを受けてきた確認したい場合は
車に備え付けてある、整備点検記録簿(またはメンテナンスノート)という書類を
見るとわかります。

車を高く売るには

愛車を高く売るなら下取りや近所の買取店ではなく、一括査定サイトを利用して、
複数の業者に査定依頼を出すようにしましょう。

業者によって、車種毎に得意不得意がありますから
車の査定額にかなりの差が出ることがほとんどです。

また、複数の買取業者に査定依頼すれば、各業者で価格を競い合うため
売却金額も上がりやすくなります。

一括査定サイトは、数分の入力で複数の業者へ査定依頼が
まとめてできるため、手間もかからないことから人気があります。

ズバット車買取なら、大手を含む100社以上の車買取業者から、
厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い
買取業者が選べます。

ズバット車買取での見積依頼はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする