貧乏だから車の買い替えをしないのは、逆に損をする?

中古車探すなら、なびくるの中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのなびくる+で今すぐ車を探す

車の購入や買い替えには、みなさん頭を悩ませますよね。

うちは貧乏だから、新車を買ったり、車を買い替えるのはちょっと・・・と考える人も少なくなりのではないでしょうか。

ネットで車の買い替えについて調べると、

  • 車を持つのは経済的に負担が大きい
  • 車検やメンテナンス費用の積み立てが大変だしストレスにもなる
  • 貧乏なら、車は持たない方がいい!
  • カーシェアリングや自転車、電車、バスなど他の移動手段も考慮する

など、車を持たない方が、経済的にも精神的にも楽になる、というような記事を多くみかけます。

しかし、これらは交通網の整った都市部に住んでいる人にしか参考にできません。

なぜなら、地方に住んでいる人はご理解頂けると思いますが、都市部のように電車やバスも少なく、通勤は車でないとできないという方が多いからです。

カーシェアリングなどのサービスも、東京や大阪などの大都市周辺のみで行われており、こちらの利用も難しいですよね。

そのため、「車を持たない方が楽だ」と言われても、たとえ貧乏でも、車無しの生活は送れない。

なら、車運用のコストを見直したり、買い替えのタイミングを考えて、損をしない車生活を送る方法を考えてみましょう。

そもそも本当に貧乏なの?

貧乏といっても、人や家庭によって捉え方は違いますよね。

車を高く売るなら、”ズバット車買取比較”で手間も時間もかけず複数の買取専門業者に見積もりが取れます。ディーラーの下取りに比べて10万円~40万円以上も買取額が上がったという例も! >>ズバット車買取比較で今すぐ見積り!

年収300万円でも、しっかり家計のやりくりや、ライフプランニングがしっかりできている人は、貧乏ではないと思います。

年収1000万円でも、高い一軒家やマンションをローンで買ったり、高い外車を買ったりして利息やローン漬けになっている場合は、貧乏といえるかもしれません。

重要なのは、収入の高い低いではなく、お金を無駄なく使えるかではないでしょうか。

貧乏だから車は買い替えない、は正解?

自由になるお金が少ない場合、どれくらいの期間で車を買い替えるのがベストなのでしょうか。

中古車探すなら、なびくるの中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのなびくる+で今すぐ車を探す

車の買い替えタイミングは人によってまちまちですが、次の順で多いようです。

  1. 5年~7年(5万km~7万km)で買い替え
  2. 3年(3万km)以内に買い替え
  3. 10年~15年(10万km~15万km)以上、乗りつぶしてから買い替え

以下では、それぞれの買い替えタイミングについての解説を行います。

5年~7年(5万km~7万km)で買い替え

やはり多いのは、このタイミングでの買い替えです。

理由として、

  • これくらいの年数経過後から調子の悪い部分や、故障箇所が出てくる
  • より性能のいい新車、既存車のモデルチェンジが発表されることが多い
  • 中古車市場で高く売れやすい(=売却時に高く売れる)

などがあるからです。

調子の悪い部分や、故障箇所が出てくるという点については、日頃のメンテナンス次第で変わってくる部分ではあります。

一番大きな理由は、やはり中古車市場で高く売れるということでしょう。

中古車市場で人気がある車は、購入から3年~5年以内と言われており、これを過ぎると、値下がり幅がどんどん大きくなってきてしまいます。

そのため、今乗っている車を高く売れるうちに売って買い替えるという人が多いのです。

3年(3万km)以内に買い替え

新車で購入した場合は、初回の車検は3年後ですから、その車検を受けずに車を売却して、また新車を買い替えます。

理由としては、

  • 中古車市場で人気が高いので、高く売れる
  • 車好きの人や、新しいもの好きなので、常に新しい車に乗っていたい
  • 車検費用やメンテナンス費用を考えなくて済む

この中で最も大きな理由は、車検費用やメンテナンス費用を考えなくて済むということです。

3年間、街乗りや通勤で使っている程度なら、メンテナンスはオイル交換程度で済みますし、車検に備えて費用を貯蓄しておく必要もないというは大きなメリットと言えるでしょう。

ただ、3年毎に買い替える場合は、消費税や自動車取得税()などの税金をその都度、支払わなくてはならないので、その分で損をしてしまいますので注意が必要です。

)エコカー減税で、減免、免除になる車種もあります。

10年~15年(10万km~15万km)以上、乗りつぶしてから買い替え

今の国産車は、昔と違ってかなり性能が高くなっており、故障も起こりにくくなっています。

(もちろん、定期点検などのメンテナンスをしっかりしていることが前提です。)

そのため、最近では10年以上乗りつぶしてから買い替えるのが最もお得だと言われています。

しかし10年以上乗りつぶすという人は、それほど多くはいません。

その理由としては、

  • 未だに、エンジンの寿命は10年という古いイメージが根付いている
  • 日頃のメンテナンスを怠っているため、故障箇所が増えてくる
  • 10年以上乗れると知ってはいるが、家族の安全(安心)のために買い替えたい

というものがあります。

ではそれぞれの理由について詳しくみていきましょう。

エンジンの寿命は10年という古いイメージが根付いている

なぜこのようなイメージがついているかというと、国民全員が10年以上、車を乗り続けてしまうと、新車がなかなか売れないため、自動車メーカーは困りますよね。

なので、このようなイメージを植え付けるため、5~7年経った頃にディーラーから買い替えを勧められることが多いです。

その時の買い替えの理由として、エンジンやパーツの寿命の話をして顧客の不安を煽ってきます。

また、メーカーでもモデルチェンジや、新しいデザインの新車を発表したりして、車をどんどん買い替えるように仕向けているんですね。

日頃のメンテナンスを怠っているため、故障箇所が増えてくる

一般の方は、そんなに車に興味がない人が多いので、メンテナンスや定期点検と言われてもよくわからないという場合が多いということも挙げられます。

初回の車検や、それ以降の2年毎の車検でメンテナンスや、古い部品の交換をしてもらえばいいと考えている人も少なくないので、そんな場合だと、車の寿命がどんどん減っていきますし、車検毎の整備・交換費用も高額になります。

そして、5年目や7年目で車に故障箇所が出てきてしまい、「やっぱり、10年以上乗るなんて無理なんだな。」と買い替えてしまうんですね。

10年以上乗れると知ってはいるが、家族の安全(安心)のために買い替えたい

この考えの方も少なくありませんし、間違ってもいません。

しっかりプロに整備してもらっても、国が定めた法定点検を受けたとしても、心のどこかに不安な気持ちがあると、毎日の小さなストレスの原因になってしまうこともあります。

逆を言えば、10年以上乗ることに不安がなく、しっかり車を点検してオイル交換などの整備もしっかり行えるような人であれば、乗りつぶしてから買い替えるという方法がおすすめです。

まとめ

最も家計に優しい買い替えタイミングは「10年以上乗りつぶしてから、買い替える

ただし、10年以上も同じ車に乗るのが不安な人、あまり車に詳しくない、車検毎に整備費用が高くなることに抵抗があるという人は、3年または5~7年での買い替えも視野に入れることをおすすめ。

車無しの生活ができない人に取っては、車にかかるコストをできるだけ抑えたいですよね。

この機会に一度、家族と買い替えタイミングを相談してみるとの良いかもしれません。

車を高く売る方法

車を高く売るなら、一括査定サイトを利用して、1つの業者だけでなく、複数の業者に査定依頼を出すのがおすすめです。

複数の買取業者に査定依頼すれば、各業者で価格を競い合うため、売却金額も上がりやすくなります。

ディーラーの下取りに比べて平均10万円~40万円もアップしたという話も多いので、是非利用しましょう。

中古車はお店で探さない

中古車を探すとき、雑誌を見たりお店を回ったりするのは手間も時間もかかるし、大変ですよね。

なびくるの中古車お探しサービスは、欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含め良質な車を、中古車選びのプロが紹介してくれます。

サービスの利用は無料なので、まずは気軽に申し込みしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする