一番コスパがいい車の買い替え方法とは

中古車探すなら、なびくるの中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのなびくる+で今すぐ車を探す

車を買い替えるのは、お金がかかりますよね。

車体価格にオプション、自動車税などの税金もかかってきます。

車を長く乗り続ける方がコスパがいいのか、それとも高く売れる早い時期に下取りに出して、追い金をして新車に買い替えるほうがコスパがいいのか。

この記事では、どちらの方がいいのか解説してきます。

結論!コスパがいいのは、長く乗り続けること!

車を長く乗り続ければ、それだけ車検費用やメンテナンス、部品の交換費用がかかってしまいます。

しかし、3年に一回などのペースで車を買い替えた場合に比べても、圧倒的にコスパがいいのです。

例として、3年に一回、車を買い替えた場合と12年に一回車を買い替えた場合とで比べてみましょう。

3年に一回買い替え

例として

  • 車体価格:300万円
  • 下取り価格:150万円

としましょう。

初回:300万円で新車購入

3年目:150万円を追い金して、300万円の新車を購入

車を高く売るなら、”ズバット車買取比較”で手間も時間もかけず複数の買取専門業者に見積もりが取れます。ディーラーの下取りに比べて10万円~40万円以上も買取額が上がったという例も! >>ズバット車買取比較で今すぐ見積り!

6年目:150万円を追い金して、300万円の新車を購入

9年目:150万円を追い金して、300万円の新車を購入

12年目:150万円を追い金して、300万円の新車を購入

合計すると

300万円+150万円x4=900万円

中古車探すなら、なびくるの中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのなびくる+で今すぐ車を探す

かかります。

12年に一回、買い替えした場合

こちらも、例として

  • 車体価格:300万円
  • 下取り価格:万円(

とします。

12年経過した車だと、ディーラーでの下取りは、ほぼ確実に0円、無料引取りになります。

初回:300万円で新車購入

12年目:300万円

合計すると、

300万円+300万円=600万円

かかります。

比較

3年毎に買い替えた場合:900万円

12年毎に買い替えた場合:600万円

比較すればわかりますが、12年300万円も差が出る結果となりました。

もちろん購入する車の価格や、下取り価格で金額が変わってきますが、大体、これくらいの差が出ると思っていいでしょう。

また、12年乗り続ける場合は、最初に書いたように、車検やメンテナンス、部品交換の費用がかかってきますが、これらの費用が12年間で100万円以上もかかることはほぼ、ありません。

そのため、維持費を差し引いたとしても、長く乗ってから買い替えた方が、コスパがいいという結論となります。

13年以上乗り続ければ、もっと得なのか?

ここまでご覧になった方の中で、

「なら、12年と言わず、13年、14年、20年と長く乗った方が得なんじゃないの?」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、13年以上乗り続ける場合は、かえって損をする可能性が高くなります。

なぜかというと、

  • 13年以上経過した車、税金が高くなる
  • 高額の部品交換や、故障による修理の可能性が高くなる

というリスクが出てきます。

税金が高くなる

まず、税金についてですが、上がるのは以下の税金です。

  • 自動車税
  • 自動車重量税

自動車税は15%アップで、4,000円~23,000円

自動車重量税は2,000円~15,000円ほど上がってしまいます。

高額の部品交換が必要になる

次に、高額の部品交換や、故障による修理の可能性が高くなるという点です。

高額の部品交換とは、ミッション系()などで、交換費用で20万円ほどかかる場合もあります。

MTやAT(オートマ)などのことで、シフトを切り替えるためのパーツ。

また、エンジンも故障した場合、修理費が30万円ほどと、かなり高額になってしまいます。

エンジンの寿命に関しては、プロの整備士でも読むことは難しいため、故障する前に買い替えるしかありません。

ミッションの交換に20万円かけたあと、1年でエンジンが故障して30万円の修理見積もりが出たため、泣く泣く買い替えたという話もあります。

この場合、ミッションの交換に使った20万円が無駄になってしまったことになるので、13年以上乗り続けるのは、このようなリスクを伴うということを覚えておくといいでしょう。

まとめ

  • 3年毎に買い替えるより、長く乗り続ける(12年)方がコスパがいい。
  • 13年以上乗り続ける場合は、税金が上がる、交換修理に高額費用がかかる可能性が高くなる

もし、よほどの車好きであれば、自分の満足のために頻繁に車を買い換えるのもいいと思います。

ただ、そうでないなら、最も経済的に車を運用できるのは、12年乗り続けることです。

ぜひ皆さんも、この記事を参考にコスパのいい車運用を目指してみてください。

中古車の正しい探し方

コスパのいい買い替えタイミングを計るのも大事ですが、良い車を安く購入することも重要です。

また、新車の購入を考えている方も、一度は中古車を検討してみることをおすすめします。良質な車が1~3割ほど安く購入できることもあるので、絶対新車!と視野を狭めていると、損をしてしまいますよ!

自分で質の良い中古車を探すとなると、非常に難易度が高くなりますが、中古車ディーラーに探しに行くのではなく、欲しい車種や予算が決まったら、ネットの中古車検索サイトを利用することで、簡単に良い中古車を探すことができます。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

↓中古車検索のなびくる(画像クリックでサイトに飛びます)

車を高く売る方法

買い替えの際、ディーラーに12年乗りつぶした車を下取りに出すと、ほぼ0円の査定が出てしまいます。

しかし、買取業者であればこのような車でも、値段がつく可能性が非常に高いです。

買取業者に査定を依頼する場合は、一括査定サイトを利用して、1つの業者だけでなく、複数の業者に査定依頼を出しましょう。

複数の買取業者に査定依頼すれば、各業者で価格を競い合うため、売却金額も上がりやすくなります。

出張査定は無料で、売却しなくてもキャンセル料などは一切かからないので、まずは見積もりをしてみましょう。

ズバット車買取での見積依頼はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする