購入時の支払方法は複数ある

車の購入時には、様々な支払方法があります。

ほとんどの人は、現金一括払いか、ディーラーの用意したローンで分割払いにするようです。

しかし、他にも支払方法はあります。

どのような支払方法があるかを知って、損をしない車購入をしましょう。

どんな支払方法がある?

現金一括払い

その名の通り、現金で支払ます。

分割と違って、金利もかからないため、貯蓄さえあれば、一番、支払総額が少ない方法です。

ディーラーローン

金利は、5%~8%

ディーラーが用意しているローンです。

かなり高めの金利であることがほとんどですが、その分審査が緩いです。

時期によって、低金利キャンペーンを行うことがあり、その時に申し込むのも賢い方法です。

手続きもディーラーがやってくれるので、手間がかかりません。

銀行ローン(オートローン)

金利は、1.7%~3.5%

銀行が用意している、車購入用ローンです。

銀行によって金利に差があり、低いところを選べば、ディーラーローン(低金利キャンペーン実施時以外)と比べて、支払総額が、十万単位で変わってくることもあります。

ただし、手続きを自分でしなければならないので、手間がかかるうえ審査が厳しいという点には注意が必要です。

クレジットカード

金利は、7%~20%

ディーラーによっては、使えないことがあります。

なぜなら、カードだと価格に応じた手数料をディーラーが支払う必要があるので、利益がかなり減ってしまうからです。

また、カードの上限額に余裕があっても、ディーラー側で50万円までというように、上限を決めていることもあるため、クレジットカードで全額を払うということはできないこともあります。

残クレ(残価設定型クレジット)

金利は3.5%~5%(ディーラーによって異なる場合有り)

数年後の買取額を設定して、その分を除いた金額を分割で支払います。

例えば、

200万円で買った車を、3年後に100万円でディーラーに返却(売却)する契約にした場合、差額の100万円に金利を乗せた額を月々支払う。

ということになります。

通常のローンなら、200万円に金利がかかって支払総額が多くなりますが、残クレなら半分の100万円に金利がかかるので総額は少なくて済みます。

また、月々の支払いも少なくなるので楽になりますが、その分、金利が高めに設定されていることが多いです。

購入当初に決めた年数が経ったら、車を返却します。

その時、走行距離や内装外装に故障があると修理費を取られるので注意が必要です。

以上のように、様々な支払方法があります。

購入する車の金額が大きければ大きいほど、金利が負担になりますので、そのあたりも考慮して、適切な支払方法を選択しましょう。

車を高く売るには

愛車を高く売るなら、一括査定サイトを利用して、1つの業者だけでなく、複数の業者に査定依頼を出すようにしましょう。

業者によって、車種毎に得意不得意がありますから、車の査定額に大きく差が出ることがほとんどです。

また、複数の買取業者に査定依頼すれば、各業者で価格を競い合うため、売却金額も上がりやすくなります。

一括査定サイトは、数分の入力で複数の業者へ査定依頼が、まとめてできるため、手間もかからないことから人気があります。

ズバット車買取なら、大手を含む100社以上の車買取業者から、厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。

↓↓ズバット車買取での見積依頼はこちらから↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする