カーワックスで塗装を保護する、色落ちした車を高く売る方法!

車を売ろうとした時に気になるのが、色落ちしている車の場合
いくらで売れるのかということです。

買取業者に売却した場合は、およそ5万円~15万円ほど減額されてしまいます。

最近では塗装の技術も上がって色落ちしにくくはなっていますが、
それでも紫外線や雨の影響でどうしても発色が悪くなってしまったりします。

特に屋根のない駐車場で車を保管している場合は更に色落ちがひどくなります。

色落ちしてしまった車を高く売る方法は?

買取業者の営業マンはプロですから、多少の色落ち程度でも気づく人が多いです。

屋根のない駐車場での査定なら、強気に出て「紫外線とか雨の影響ですね~」などと言って
減額してきます。

そうならないようにするためには、普段から紫外線や雨から塗装を守るために
カーワックスを塗っておくことが大事です。

しかし、売る直前に塗っても当然、意味がないのでどうすればいいかというと
塗装を守るためのカーワックスではなく、研磨剤の入ったワックスか、顔料を含んだワックスで
色を復元させるのがベストです。

もちろん、塗料ではないので新車同様の色に戻るわけではありません。

ただ、ボンネットのような特に色落ちしやすい部分を他の部分と同じ発色や鮮やかさに
復元することはできますし、値段も1,000円程度とお手頃なので試す価値は充分あります。

カラーエボリューション左から、レッド ブルー シルバー ホワイト ブラック

色が復元したら、一括査定サイトで高く売れる業者を探しましょう。

以下のサイトなら、愛車の概算価格もわかるためおすすめです。

>>一括査定サイト ズバット車買取比較

色落ちを防ぐために、普段からカーワックスを塗っておく

今すぐは売らないけど、半年または1年後などに売る予定があるという人や
車を買い替えて間もないという人は、カーワックスを塗って塗装を保護しましょう。

半年後や1年後に売る場合でも、日差しの強い季節をまたぎますので
やっておくに越したことはありません。

カーワックスの種類

カーワックスといっても、様々な種類があり特長も違うので
以下にまとめました。

固形タイプ

油脂分を主成分としたタイプで、シリコンなどの油脂成分を使ったワックスが固定タイプです。

ボディの輝きが増すので、見た目のキレイさにこだわりたい人にはおすすめ。

もちろん、塗装の保護もしっかりしてくれます。

ただし、雨で流れ落ちやすいので1ヶ月に1度の頻度でワックスをかけなおす必要があります。

半練りタイプ

水性タイプのソフトワックスなので、非常に塗りやすいです。

その分、耐久性や光沢に欠けるところがあるので、お手入れのしやすさを
重視するなら、半練りタイプがおすすめです。

コーティング

固形ワックスは油性で、塗装面に張り付いているだけですが、
コーティングは、化学薬品であるため、塗装面に吸着するように被膜を作ります。

そのため、耐久性が非常に高く、商品ごとに違いはありますが1年~3年も持つ製品もあります。

ただし、光沢に関しては上記2つに劣るため、塗装は保護したいけど1ヶ月毎に塗りなおし
するのは面倒、という人におすすめします。

撥水性と親水性

ワックスの中でも、コーティング剤は撥水タイプと親水タイプがあります。

撥水タイプ

ボディについた水滴が、水玉状になる。

見た目は、弾いている感じが出て気持ちいいが、そのまま乾くとシミになってしまうこともあります。

親水タイプ

ボディについた水滴が、べたっと張り付く。

見た目は気持ちよくないが、汚れとともにそのまま流れ落ちていくのでシミになりにくいです。

上記のような特長を踏まえると、親水タイプの方がいいでしょう。

各カーワックスのタイプ比較表

 固形タイプ  半練りタイプ  コーティング
 お手入れのしやすさ ★★★ ★★★★ ★★
 ワックスの持続性 ★★★★ ★★ ★★★★★
 光沢 ★★★★★ ★★★ ★★
 塗装面の保護 ★★★★ ★★ ★★★★★

上記の比較表から、

  • お手入れのしやすさなら、半練りタイプ
  • ボディの光沢を重視したいなら、固形タイプ
  • ワックスの持続性や、保護力を重視したいならコーティング

という選び方をするといいでしょう。

手軽にワックスをかけられるグッズ

色落ちしないためにワックスをかけたほうがいいとはいえ、

  1. 洗車
  2. 拭きあげ
  3. ワックスを塗る
  4. 余分なワックスの拭きあげ

という作業をするのは面倒だという人もいますよね。

そんな人向けに増えているのが、カーシャンプーにワックスの成分が含まれているものや
拭くだけで汚れ落としとワックス掛けの両方ができる、シートタイプのものも
販売されています。

あくまでもお手軽に済ませることが目的なので、耐久性はありませんが
洗車時にワックス入りカーシャンプーを使ったり、洗車機に入れた後に
ワックスつきシートでサッと拭くこともできますので、手軽さは一番です。

お店に頼む場合いくらかかる?

車種によって違いますが、2万円~8万円ほどかかります。

耐久性としては、市販のコーティング剤と同じく、半年~1年ほど持つようですが、プロが行うため、非常に丁寧でキレイな仕上がりになります。

お高めの費用を払ってもいいから、プロに依頼したいという人にはおすすめできます。

 車を高く売る方法 

愛車を高く売るなら、一括査定サイトを利用して、

1つの業者だけでなく、複数の業者に査定依頼を出すようにしましょう。

業者によって、車種毎に得意不得意がありますから、車の査定額にかなりの差が出ることがほとんどです。

また、複数の買取業者に査定依頼すれば、各業者で価格を競い合うため売却金額も上がりやすくなります。

ズバット車買取なら、大手を含む100社以上の車買取業者から、
厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い
買取業者が選べます。

車の情報を送信したあとは、画面に車の概算買取価格が表示されるので
とりあえず概算価格を知りたいという方にもおすすめできるサイトです。

ズバット車買取での見積依頼はこちらから


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする