車検切れの時はレッカーを呼ぶな!損しない方法教えます!

ある日、いつものように車に乗ろうとしたら、車検が切れていることに気がついた!

忙しい毎日を送っている人は多いですから、ありえない話ではないですね。

その場合、公道を走ることはできませんから、他の方法を取ることになります。

まず思いつくのは、レッカーで整備工場まで運んでもらって車検に通すという方法ですが、この方法以外にも選択肢は複数ありますので、自分や車の状況に応じて、一番損をしない方法を選ぶべきです。

車検切れの車をどうするか

車検切れだ!

と慌てて整備工場に電話してレッカーしてもらうのではなく、一度、車をどうするか検討することをおすすめします。

選択肢として、みなさん下記の2つのどちらかを取る人が多いようです。

  • 車検に通す
  • 買い替える

まだまだ乗るつもりであれば、車検の手続きをするべきですが、長く乗ってきた車の場合は、これからも様々な部分に不調も出てきますから、レッカーや高い費用を払って車検を通すより、買い替えた方が長い目で見てお得な場合もあります。

車検に通す場合

車検が切れているわけですから、自分で運転して整備工場に持ち込むことはできません。

すぐ近くの整備工場だから大丈夫、と考えて運転していたら警察に捕まった。

人間の心理として、自分だけは絶対に大丈夫と考えがちですが、絶対にないとは言えない以上、運転して持っていくのは絶対にやめましょう。

では、どうすればいいかというと主に2つの方法があります。

  • ディーラーや整備業者にレッカーしてもらう
  • 仮ナンバーを取得して自分で運転して業者まで持っていく

整備業者にレッカーしてもらう

メリット

  • 手間がかからない

デメリット

  • 費用がかかる 1万円前後(自宅から整備工場までの距離で金額は変わる)
  • レッカーを引き受けてくれる業者を探す必要がある

このように、レッカーの費用は余計にかかってしまいますが、自分で仮ナンバーを取得するという手間をかけずに済むので、忙しくて手間をかけられないという人はこの方法をおすすめします。

レッカーの注意事項!

レッカーというと、整備工場の他に、JAFを思い浮かべる人もいるかもしれません。

しかし、車検切れの車の場合、JAFは引き受けしてくれませんので注意しましょう。

ネットの掲示板を見ると、車検切れでも引き受けしてもらえたということが書いてありますが、車検切れであることを黙って依頼し、担当も確認せずに対応したというレアなケースです。

そもそも黙って依頼することはルール違反なので、上記に挙げた2つの方法のうちどちらかで車検に通すようにしましょう。

仮ナンバーを取得する

メリット

レッカーと比べて費用が安い(1,000円以内で済む)

自分で好きな業者に車検を依頼できる

デメリット

取得手続きが必要なので、手間がかかる

車検が切れた車を公道で走らせるためには、仮ナンバーを取得する必要があります。

仮ナンバーは、管轄の役所に行って手続きをすることで取得できます。

手間はかかりますが、レッカーと比べると圧倒的に安い費用で車を整備工場まで運べるので、多少手間はかかっても費用を抑えたいという人におすすめです。

仮ナンバー取得手続きに必要な書類

  • 運転免許証
  • 認印
  • 自賠責保険証の原本(仮ナンバー取得から一カ月以上有効なもの)
  • 手数料(地方により違いますが、500円~1,000円ほど)
  • 車検証

です。

これらを持って役所に行き「自動車臨時運行許可申請書」に記入をして提出すれば、仮ナンバーを発行してもらえます。

仮ナンバーを取得する際の注意事項!

仮ナンバーは有効期限があり、自治体によって異なりますが大体、

3日~5日間

なので、休みの日などすぐに車を動かして業者に持っていける日を決めてから、取得するようにしましょう。

正しい整備工場選び

車検工場にも様々あり、安さを売りにしている業者や、普通の価格だが丁寧に点検整備してくれる業者もあります。

毎日車に乗っていて、定期点検も行っているような場合は、安い車検業者に依頼しても問題はないと思います。

(安全に乗るため、売却する時のためにしっかり整備しておくことに越したことはありませんが。)

しかし、車検が切れてしばらく放置していたような場合は、劣化している部分が多くなっていますから、必ず丁寧に点検してくれる整備業者に依頼しましょう。

安い整備工場は、車検に通るだけの最低限の点検整備しかしませんので、車検から帰ってきて乗っていたら急にエンジンが止まったので、調べてもらったら電力を作る部品が錆付いていて動いていなかったということもあります。(私の実体験です。)

費用を安く抑えるということも重要ですが、車のトラブルは事故につながることも少なくなりので、できる限りしっかり点検してもらえる業者に依頼することをおすすめします。

買い替える場合

車を買い替えるという場合には、自分で中古車屋に持ち込むことはできませんので、査定に来てもらうことになります。

車検が切れていても、査定金額はそこまで大きく下がることはありません。

業者によって違いますが、大体、1万円~5万円程度下がるようです。

重要なのは、業者によってマイナスされる金額が違うという点です。

マイナスされる額が少ない業者を探すことで車を高く売ることができますので、なるべく複数の業者に査定を依頼することをおすすめします。

 車を高く売る方法 

車検が切れた車を高く売るなら、1つの業者だけでなく、複数の業者に査定依頼を出すことをおすすめしましたが、その際は、一括査定サイトを利用しましょう。

前述したように、業者によってマイナス査定の金額が変わりますし、複数の買取業者に査定依頼することで、各業者で価格を競い合うため売却金額も上がりやすくなります。

ズバット車買取なら、大手を含む100社以上の車買取業者から、厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。

車の情報を送信したあとは、画面に車の概算買取価格が表示されるので、とりあえず概算価格を知りたいという方にもおすすめできるサイトです。

ズバット車買取での見積依頼はこちらから

中古車はお店で探さない

車が高く売れたら、次の車を購入する必要がありますよね。

中古で探す場合、良い車を安く購入して損をしないようにするのも重要です。

欲しい車種や予算が決まったら、ふつうは中古車ディーラーに行きますが、自分で近くの店を何件も回って比較するのは、時間労力もかかって大変ですよね。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、自分で中古車雑誌を買って探したり、中古車屋を何件も回って探す必要がありません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

↓中古車検索のなびくる(画像クリックでサイトに飛びます)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする