代理人を立てて車の買取をしてもらう場合の必要書類は?

車の売却をする時に、家族や友人などに頼んで車を売りたいというケースは少なくありません。

仕事が忙しくて手続きがなかなかできない場合や、国内、海外転勤で赴任してしまって売却手続きができないなどの場合に、代理人を立てて売却手続きをしてもらうことになります。

そんな場合の必要書類を以下にまとめましたので、ご覧ください。

車売却時の必要書類

自動車検査証 車検証のことで通常は車内に携帯していなければなりません。
紛失した場合は陸運支局で再発行が必要。
自賠責保険証明書 車検時に強制的に加入される保険。
紛失した場合は加入した保険会社で再発行が必要。
自動車税納税証明書 車検を受けるときに必要な書類。
紛失した場合は県税事務所などで再発行が必要。
実印
印鑑登録証明書 実印を証明するもので、市役所などで発行することができます。
振込口座 売却したお金を振り込むために必要。
リサイクル券 リサイクル料金を委託している場合に必要。
紛失した場合は自動車リサイクルシステムのホームページで
「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷することで代用できます。
住民票 車検証の住所と現住所が異なる場合に必要。役所で取得します。
戸籍謄本 車検証の氏名と今の氏名が異なる場合に必要。
本籍地の役所で取得します。

代理人を立てて売る時に追加で必要な書類

委任状 本人に署名、印鑑を押してもらう必要があります。
譲渡証明書 車検時に強制的に加入される保険。
紛失した場合は加入した保険会社で再発行が必要。
代理人の身分証明書 車検を受けるときに必要な書類。
紛失した場合は県税事務所などで再発行が必要。

以上を揃えて、車買取業者に見積をしてもらいましょう。

ただし、買取業者によって本人確認時の必要書類が違うこともあるので、査定に来てもらう前に、代理人を立てて売却手続きしたい旨と、必要書類をあらかじめ確認しておくようにしましょう。

書類の中には、役所に行かなければ取れない書類もあるため、確認せずに二度手間になってしまうと目も当てられません。

 車を高く売る方法 

愛車を高く売るなら、一括査定サイトを利用して、1つの業者だけでなく、複数の業者に査定依頼を出すようにしましょう。

業者によって、車種毎に得意不得意がありますから、車の査定額にかなりの差が出ることがほとんどです。

また、複数の買取業者に査定依頼すれば、各業者で価格を競い合うため売却金額も上がりやすくなります。

ズバット車買取なら、大手を含む100社以上の車買取業者から、
厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い
買取業者が選べます。

車の情報を送信したあとは、画面に車の概算買取価格が表示されるので
とりあえず概算価格を知りたいという方にもおすすめできるサイトです。

ズバット車買取での見積依頼はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする